~その91~安定粗利コーナーを構築するカテゴリー戦術 | フダポス
フダポスTOP  >  PSコラム  >  ~その91~安定粗利コーナーを構築するカテゴリー戦術
2021-01-12
投稿者
  
武内 臣介
  
~その91~安定粗利コーナーを構築するカテゴリー戦術
こんにちは!リスペクトマインドの武内臣介です。
今回は、コロナ禍の中で新規則機移行を進めていくにあたり、大きな課題となっている『粗利問題』の一助となる【安定粗利コーナーの作り方】についてお伝えします。

コロナ禍で前年対比の稼働が低下している状況は、当然ですが粗利の減少にもつながります。
更に、新規則機移行により長期的に安定粗利を構築していた機種の撤去により、既に大幅に粗利低下を招いているのがスロットになり、これは残りの旧規則機がストック系機種(長期使用できた機種)の撤去が進むにしたがって、パチンコでも同様に起こるものになります。
重要なことは、【安定した粗利を、今後はどの機種で担っていくのか?】というもので、大切なことは“新たなストック系機種を育成する”取組みになります。

長期使用出来た機種は、機種の生涯粗利貢献が当然ですが高くなります。
これは1円に導入した機種であったとしても、認定含めて6年間使用できれば、仮に台粗が400円だったとしても6年間で876,000円の粗利貢献をします。
商売は投資に対して、投資を超えるリターンを生まなければ成り立ちません。
旧規則機撤去によって大きく変化する機種の粗利構築を、新規則機で生み出していくことを今後は更に意図的に実施していく必要があります。

このような状況下で、既に私のクライアント様が実施して成果を生み出している取組みが、バラエティコーナーでのカテゴリー戦術になります。
バラエティコーナーの話と軽く考えてはいけません。
バラエティ機種は、ファンがつけられれば長期使用可能なストック系機種に生まれ変わります。
しかし、意図もなく設置しているだけではお客様が『分からない』状態になるので、残念ながら活かすことは不可能です。
安定粗利コーナーにするには、そうなるための施策が必要になります。
この取組のメリットは、全てを新台でやる必要はなく中古機種でも可能な点です。

直近の取組みで効果が高いカテゴリー戦術は、【ライトミドルの1種2種、小当り確率1/10未満、遊タイム引き戻し約100%】のコーナー作りになります。
『PモモキュンソードMC』がスタートでしたが、それ以降も『P結城友奈は勇者である』『P閃乱カグラ2』と3機種あり、2月には『P物語シリーズ セカンドシーズンGEE』があります。
実際は、上記の3機種を全て導入しているわけでは無く、『Pモモキュンソード』の導入時には【短時間でも楽しめるコーナー】というカテゴリー戦術で、Pシンフォギアなども混ぜて1種2種のライト機種を同時訴求して成果を上げているので、追いかけて『P結城友奈は勇者である』などの新台を少台数購入して、認知を高めながら進めています。

これは、はっきりとした成果がまだ見えませんが、徐々に認知が高まり遊技動機になってきている他のカテゴリーコーナーでもあります。(どんなカテゴリーコーナー作りか、機会があればお伝えします)

コーナー入口に、カテゴリー案内【短時間でも楽しめるコーナー】で訴求し、機種につける札などでも【短時間でも楽しめる機種】という販促物などを使用するので、スタート時は3台でも可能です。
3台からスタートして、1台ずつ増やすことで繰り返しの訴求による認知向上になっていきます。
ただし、ここから重要な点が一つあり、【お客様がどんな機種か分かる】ということを実施する必要があり、私は『大当りフローPOP』で実施しています。(クライアント様も大当りフローPOPで、スタッフ教育からお客様への説明サポートをしています)


参考までに『P閃乱カグラ2』の大当りフローPOPで説明します。




お客様へ説明する際は、“お客様が大当りフローPOPの見方が分かるように説明する”ことが大切で、見方が分かるようになれば、カテゴリーコーナーの他の機種も「似ている機種」として遊技動機が生まれます。
例えば、
「初当りは1/199で、良い状態に突入するのは約45%。RUSH中は小当り確率約1/9を時短14回で狙い、約82%で継続します。」
というシンプルな説明です。
更に、
「安心の遊タイムがついているので、通常599回転したら遊タイムに突入し、約100%(ほぼほぼ当たります)で当りが引けます。」
そして、
「これと似た機種がP○○とP◇◇で、このコーナーに設置している機種なので、ぜひお試しくださいね」
という感じです。

最後に、なぜ【安定粗利コーナー】になるかと言えば、お客様の「好きな遊び方が出来る機種」としてのレパートリーになるので、目的を持った来店動機になるからです。
仕事帰りにちょっと!空き時間ちょっと!予算が少ないけどワンチャンス!など、お客様の体験価値を刺激するものになります。

粗利構築は必須であり、無策では意図的な粗利構築ができない状況です。
是非とも、フダポスを活用しながらカテゴリーコーナー作りにチャレンジしてはいかがでしょうか!
ファンキースリー講師
人気の記事
新着記事
アーカイブ